注文住宅の家造り 「家が完成するまで」 下見や情報収集について



HOME 注文住宅の家造り「家が完成するまで」下見や情報収集
生活雑貨 手作り雑貨 わんこのお店 注文住宅の家造り

注文住宅の家造り menu
  私の注文住宅の家造りのご案内
  家が完成するまで 
  下見や情報収集
  デザイン、プラン、見積もり、敷地調査
  設計打合わせ、追加契約、地鎮祭
  着工、上棟、外工、内装工事、引渡し
  何から始めたらいいの? 
  マイホームのイメージ作り
  イメージをスクラップブックにしよう
  家造り 豆知識 
  基本となる3つの工法
  どこで建てるかの選択肢
  照明とカーテンは建築費外
  家造り 私の体験談 
  家造り日記をつけよう 
  設計士担当(デザイナー)の大切さ
  収納リストを作ろう 
  予算リストを作ろう 
  備付けたい物は自分で探そう 
  着工後は出来る限り建築現場へ
  住んでみて失敗したと思うこと
  住んでみて良かったと思うこと

家造り おすすめ本


家が完成するまで


家が完成するまでの簡単な流れ
家を建てようかな〜と考え始めてから完成するまでの流れをご案内します。
木造軸組で約1年位です。家の構法にもよります(木造軸組構法、2x4、鉄骨ラーメン構造など)
2ヶ月   @どんな所で建ててもらうかの下見や情報収集
2ヶ月   A2〜3社でデザイン、プラン、見積もり、敷地調査をしてもらい契約するまで
3ヶ月   B本格的な設計打合せ、追加契約、地鎮祭など
4-5ヶ月  C着工、上棟、外工、内装工事、引渡しまで

@どんな所で建ててもらうかの 下見や情報収集

今まで家に関することはほとんど何も知らない訳ですので、最初から自分の家のデザインやイメージが出来上がっている人は、おそらく居ないと思います。
まずは知識を広げること。沢山いろんな家を見ることが大切だと思います。
ハウジングセンターへ行ったり、新聞の広告やパンフレットを見たり、インターネットで探してもいいし、近所の家を見て回るなどしてみましょう。今まで知らなかった世界感が広がります。
自分の建てたい家のイメージが膨らんできたら、形にして行きましょう。
詳しくは「マイホームのイメージ作り」にてご案内致します。

詳しくは「どこで建てるかの選択肢」でもご案内しますが、ここでも少し触れておきますね。
それと「家造り日記をつけよう」でもご説明しますが、ノートを1冊用意して、日記形式で行ったハウスメーカーや建築家などの特徴や説明や感想をメモしておくと、後々便利です。

基本的には、Aハウスメーカー、B建築家、C工務店の3つの選択肢があります。

<A ハウスメーカー>
私は家のことが何も分からなかったので、出だしとしてハウスメーカーの展示場へ行くのが手っ取り早いと思いました。
3週続けて別々の展示場へ行きましたが、1日に1ヶ所見るだけでも時間が足りません。
初日、入口付近の1件目のハウスメーカーにひょいと入って営業の方に次々説明を受けて、ついつい長居をしてしまったので、ここでかなりの時間を取られて他をゆっくり見られなかったのが失敗・・・。

まずは、一周わりしてから気になる所を3ヶ所位に絞って見るのがいいです。

注意1
 
展示場の建物はとにかく立派過ぎて、普通の人にはとても手が出るよ〜なものじゃありません。坪単価80万以上でしょうね・・・。建物はいつも最新という訳ではありません。2〜3年前のものもあります。
見た目だけに囚われず、それぞれのハウスメーカーの特徴を把握して見学しましょう。

注意2
入口にアンケートが置いてあって記入しないと中が見せてもらえない事があります。何とか適当にごまかして「初めて見にきただけだから〜まだいつ建てるかとか決めてないしー」とか言ってなるべくアンケートを書くのは避けた方がいいです。後でじゃんじゃん電話やらいろいろ送ってきたりします。

<B 建築家>
最近はテレビや雑誌でも建築デザイナーのとても素敵な家が採り上げられています。
せっかく注文住宅で自分だけの思い通りの家を建てるなら、お洒落な家にしたいですよね。
私もどうしても建築家への気持ちがひっかかっていたので、ハウスメーカー巡り以外に気に入った建築家の人に会いに行ってお話をして来ました。後で後悔したくないですからね!
前もって、自分の趣味に合う建築家をネットや本で調べて2〜3人の人を絞り込んでメールや電話でアポを取ってから行くのがいいでしょう。

<C 工務店>
工務店の場合、地域に密着していて個人経営か中小企業が多いかと思います。
ハウスメーカーや建築家に比べ、宣伝広告費や人件費がかからないし デザイン料、材料費など安価でできます。ただし、人によっては信用面やデザイン面が不安というふうに考える点はあります。

私の友達が家を建てる時、家族の知り合いの工務店に頼んで失敗したことがあります。
知り合いだから言い辛いとか遠慮がでて、ついついお任せになってしまったり、打ち合わせと全然違う材料を使われたり、いろいろ後々もめました。知り合いに頼むのは良し悪しかもしれません。
私には工務店は どうしてもデザイン面で不安があったので除外しました。
 

Copyright(c)2008 yellow basket All Rights Reserved