注文住宅の家造り「家造り 豆知識」どこで建てるかの選択肢をご紹介します



HOME 注文住宅の家造り「家造り 豆知識」どこで建てるかの選択肢
生活雑貨 手作り雑貨 わんこのお店 注文住宅の家造り

注文住宅の家造り menu
  私の注文住宅の家造りのご案内
  家が完成するまで 
  下見や情報収集
  デザイン、プラン、見積もり、敷地調査
  設計打合わせ、追加契約、地鎮祭
  着工、上棟、外工、内装工事、引渡し
  何から始めたらいいの? 
  マイホームのイメージ作り
  イメージをスクラップブックにしよう
  家造り 豆知識 
  基本となる3つの工法
  どこで建てるかの選択肢
  照明とカーテンは建築費外
  家造り 私の体験談 
  家造り日記をつけよう 
  設計士担当(デザイナー)の大切さ
  収納リストを作ろう 
  予算リストを作ろう 
  備付けたい物は自分で探そう 
  着工後は出来る限り建築現場へ
  住んでみて失敗したと思うこと
  住んでみて良かったと思うこと

家造り おすすめ本

\1,575
\1,500
\2,520
\2,520

家造り 豆知識

どこで建てるかの選択肢
一戸建ての注文住宅を建てるのに、基本的に3つの選択肢があります。
A :ハウスメーカー
B :建築家→(多くの建築家が登録され選べられるシステムの会社もあります)
C :工務店

私なりに考えた特徴や メリット、デメリットなどをご紹介いたします。

どこで建てるかを決めるに当たり、考えなければならない事はいろいろあります。
金額・デザイン・機能性・建てた後の保障やメンテナンスなど重要度の高い事柄が多いです。
それぞれの建築会社の特徴を知り考慮した上で、自分に一番適した所が見つかることが大切ですね。

保障については、品確法によって竣工後10年間の瑕疵保証を義務付けられており、それはどの依頼先でも変わりありません。

考え方は人それぞれなのですが、私は何も解らなかったのでいろいろ調べてみてハウスメーカーと建築家の両方へ行って話しを聞いてみました。
私が建てたウッドフレンズさんはハウスメーカーと建築家の双方の良い所を取り入れた会社でしたので、
コストを抑えて自由度の効くデザイン設計が出来たのです。

最終的に建築家を見積もり対象の選択から外した理由は
デザイン設計料が高いこと。材料費が高くつくこと。耐震、気密性などの機能性への不安。個人経営での将来の保障メンテナンスへの不安(万が一潰れてしまう場合)。打ち合わせに家にきてもらえない(こちらが出向かなくてはいけない)。実際に話してみてその人と十分なコミュニケーションが取れそうな自信がなかった。などです。

A ハウスメーカー
大手のハウスメーカーは展示場に入っていますので、展示場へ出向くことで簡単に多くの会社の建物や特徴を見学して情報収集ができます。名前の知られたハウスメーカーは信頼性があり安心できます。

<メリット>
@常に最新の技術を研究しているので、耐震、断熱、気密性などの信頼性がある
A建てた後の保障やメンテナンスなどの安心感
 (大手ハウスメーカーは上場企業も多いため、保証期間内に倒産してしまう可能性が低い)
B規格住宅というやり方で仕様が決まっている為、大量仕入れ、生産により材料費が抑えられ、リーズナブルなコストで建てられる
C欠陥住宅や手抜き工事はインパクトが大きく会社自体の信頼性を損なう為、そのような心配は少ない。
D量を扱うハウスメーカーと金融機関は取引件数が多く、ローンが組みやすい。

<デメリット>

@広告費や展示場の建設・維持費、営業マンの人件費などに多額の経費を投入しています。
A規格住宅という前提ですので、設計の自由度は低いものになります。
 (ハウスメーカーによっては、自由設計に力を入れている商品企画もあります)
B規格を外れた住宅はコストがかかる。
 (広く形の整った土地が多い地方では安く、狭く形の複雑な土地が多い都市部では高い)

B 建築家
ハウスメーカーの展示場のように簡単には足を運べません。
前もってどんな家を建てている人なのかをよく調べた上で、電話やメールなどでアポイントをとってから行きましょう。1回目の相談は無料の所が多いです。
個人経営の建築家と、多くの建築家が登録され選べられるシステムの会社もあります。

施主の要望を十分に取り入れ自由設計の建物のデザインを重視しています。
見た目だけではなく、使い勝手や快適性に影響する空間デザインも大切な要素です。
建築家はデザイン設計から工務店への監理を全て行います。
デザイン料として別途10〜20%コストがかかります。

私の知り合いで、建築家で家を建てた人がいます。
60代のご夫婦で 子供も独立し、老後2人で過ごす為に新しい家建てたそうです。
今まで貯めたお金でという予算だったので、2000万円で建てたそうです。
(坪単価まで聞きませんでした)拝見させて頂いて、なかなか良かったのでもっと高いと思えました。
外観はガルバンのシルバー・黒。そして木材との色、素材の調和がとれていて、室内は浅い階段で中二階を設けて、寝室の隣にお風呂があり、老後にとても快適そうで素敵なお家でした。
前に住んでいた家の思い出の素材(柱や扉や家具)を巧くアレンジしていろいろな所に取り入れていました。
そんな家を建てるには建築家が最適だと思いました。

<メリット>
・完全な自由設計が可能で、いかなる工法や仕様も選択することができる。
・超狭小住宅や地形が極端に悪い土地などでは、建築家への依頼が適しています。
・建築家の家は監理に正常なチェック機能が働き、手抜き工事になりにくい。

<デメリット>

@コストが高い。
・ゼロから細部までを設計し、工務店に渡す詳細な図面も含め数倍の量の図面が必要。
・特注品やデザインに気を使った材料を使うなど材料費の仕入れにコストがかかる。
・工務店への監理費がかかる。
・デザイン設計料が別途10〜20%という事は何百万単位になる。
A全て1人で行うので計画期間が長くかかる→(仮住まいに費用がかかる)
B住宅ローンを組むことに不便が伴う。(金融機関に対して協働関係が無い場合が多い)


C 工務店
ハウスメーカーや建築家よりも難しいのが、工務店選びです。
工務店はハウスメーカーのように客観的に信用を計る基準や情報が少ない事と、各社によって業態や職能、経営意識がまちまちなため、建築家のように純粋に相手を選ぶということが出来ません。

@主に地域に密着した中小工務店が多いです。
A工務店は設計と施工の両方請け負いますが、主業務はあくまでも設計ではなく施工になります。
B会社によって様々な形態があります。
・棟梁が設計から工事までを行う
・社内に建築士を抱え、デザインによって他社との差別化を図る
・外部の建築家の設計による施工だけを行い、設計は請け負わない
・特定の建材・設備などを使った住宅を商品化・シリーズ化して販売

Bのようなことから、工務店の場合どんな会社形態なのかを調べるのに手間がかかります。

私は、工務店は最初から除外して考えていました。
一番の理由は、デザイン面で期待できるとは思えなかったからです。

<メリット>
@管理コストの安い小規模な会社が多いためにほぼ原価に近い金額で建てることができる。
 (広告費や展示場の建設・維持費、営業マンの人件費がかからない)
A計画期間が短くて済む。→(仮住まいに費用が抑えられる)
B地域密着型の工務店は、地元での評判を落とすような行為を簡単にできるものではありません。
C「職人のプライドにかけて手抜きはしない!」というような心意気やそれを裏付ける技術をもった工務店も少なくありません。
D工務店と銀行は、昔から協働関係にあり、流れ作業的にスムーズにローンを組むことが可能。

<デメリット>

@保守的な所があり、使い慣れた素材や施工の効率、自社が安く仕入れられる素材にこだわる傾向があり、結果として設計が大幅に制約されることもあります。
A仕様のレベルで設計の制約を受ける会社もあります。
Bデザインを専業とする建築家よりはデザイン力は劣ると考えてよいでしょう。
C欠陥住宅、手抜き工事については、同一の会社で監理を行う事になり、チェック機能が働かない為、一部の悪質な業者への歯止めがなく、施主が信じれるかどうかの判断になります。
D財務体質が弱い場合は、保証期間内に倒産してしまう可能性が考えられます。

 

Copyright(c)2008 yellow basket All Rights Reserved