注文住宅の家造り「私の体験談」 家造り日記をつけよう



HOME 注文住宅の家造り 「私の体験談」 家造り日記をつけよう
生活雑貨 手作り雑貨 わんこのお店 注文住宅の家造り

注文住宅の家造り menu
  私の注文住宅の家造りのご案内
  家が完成するまで 
  下見や情報収集
  デザイン、プラン、見積もり、敷地調査
  設計打合わせ、追加契約、地鎮祭
  着工、上棟、外工、内装工事、引渡し
  何から始めたらいいの? 
  マイホームのイメージ作り
  イメージをスクラップブックにしよう
  家造り 豆知識 
  基本となる3つの工法
  どこで建てるかの選択肢
  照明とカーテンは建築費外
  家造り 私の体験談 
  家造り日記をつけよう 
  設計士担当(デザイナー)の大切さ
  収納リストを作ろう 
  予算リストを作ろう 
  備付けたい物は自分で探そう 
  着工後は出来る限り建築現場へ
  住んでみて失敗したと思うこと
  住んでみて良かったと思うこと

東急ハンズのネット通販「ハンズネット」

センプレ

MoMAstore

ベルメゾンネット

All About スタイルストア

家造り 私の体験談

家造り日記をつけよう

家を建てる事を決心してから完成するまで、一連を通して「家造り日記」をつける事をお勧めします。

建築会社の選択肢としては、ハウスメーカー、建築家、工務店などがあります。
最初は家造りのことなど全く無知な状態です。ノートを1冊用意して持って歩きましょう。
どんな工法なのか?何を得意としている会社なのか?などを日記形式でメモをします。

一番気楽に足を運べるのが、ハウスメーカーの展示場かと思います。
その時に、どこのハウスメーカーを見たのか、どんな話を聞けたか。

ハウスメーカーの特徴はそれぞれ違います。知らない言葉もいっぱいあります。
メモをしておかないと、後々どこで何を話したのか解らなくなってしまいます。
どこの建築会社で建てるかは重要なことです。自分で管理出来るようにすると良いです。

<日記の付け方>

偉そうな事を言っておりますが、実は私自身ノートを作って持ち歩いていたものの、きちんと整頓が出来ておらずに、後々「何だったっけ?これ」ってな事になってしまい、失敗がありました・・・。

日記の付け方と言っても、後で見て自分が解ればいい訳なので自由な書き方でOK!です。
ただ、私の様な失敗が無いように最初にノートを整頓しておくと良いかと思います。
昔風ではありますが、縦線を引いて項目分けをします。
建築会社が決まるまでは、「日付」「建築会社名」「○○について」「内容」。
後は、建築会社と話合った事や、思った事、感想などをどんどん書き込みます。
感想は後々重要になってきます。迷った時に役立ちます。
書く事で頭の中に印象付けます。そして家に帰ったら、必ず読み返してみましょう。
それをする事で、どこの建築会社が合いそうなのかが、だんだん見えて来ると思います。

建築会社が決まり、本契約を交わした後は、「日付」「○○について」「内容」「チェック済」といった感じです。決定した事柄は、その都度「チェック済」欄にチェック記入して行きます。

<建築会社が決まるまで約4ヵ月>

これから家を建てるのだ!自分が理想とする家。
夢や希望を抱き、あれこれイメージを膨らませて、わくわくしながら家造りがスタートします。

建築会社が決まるまではかなり時間がかかります。個人差はありますが、私は家を建てようと考え始めてから約4ヵ月位で建築会社との契約が決まりました。

しかし、この期間は、楽しいと言うよりも苦悩の連続でした。
家に対しての知識が何も無い状態です。ハウスメーカーや、建築家、工務店などの特徴も知りません。ハウスメーカーだけで考えても数知れずの会社がある訳で、それぞれ工法や打ち出しが異なります。
インターネットで調べたり、展示場へ出向いて知識を高める為の勉強が必要になってきます。
(約2ヵ月)
詳しくは「下見や情報収集」でご紹介しています。

そして候補の建築会社が決まって何社かで、見積もりやデザインを決めて行きます。
ここでも、予算面とデザインなどが希望と折り合わなかたりして、建築会社を比較して決定するまでが非常に大変な作業でした。(約2ヵ月)
詳しくは「デザイン、プラン、見積もり、敷地調査」でご紹介しています。

この期間中、建築会社と話した内容で重要と思う事や、次回までの提案、修正点などは日記に記入しておくと良いです。

<本契約から家が完成するまで約8ヵ月>

建築会社が決まると、本契約書を交わします。ここからが本番ですね!

家全体のデザインや間取りは決定していますので、それに基づいて素材や取り付けたい物や修正変更など打ち合わせして行きます。
サッシの種類、色。壁素材、床素材、外壁素材、収納スペース、トイレ洗面、お風呂、システムキッチン、などなど山のように決めることがあります。

こういった細かい打ち合わせ内容も、引き続き日記に付けて行きます。
建築会社へ出向いて、サンプルなどを見ながら話し合いをしますが、即決出来ない場合もあります。
家に帰ってから、詳しい素材や特徴、もっといい物はないかなどをインターネットで調べる時に素材などの名称を忘れがちです。
この段階では、少々高価でも妥協しないで話を進めてる方が良いと思います。ある程度初めの見積もりに対して、込み込みにして貰えるかも知れません。どうしても予算がオーバーになったらクォリティーを下げたりすれば良いと考えます。初めから妥協はしないで下さい。悩む段階ですが、後々の達成感が違ってきます。

逆に、次の打合せまでに建築担当者に聞きたい事や、確かめておきたい事などもメモしておくと打合せがスムーズに行えます。
たとえば「○○を設置したい。値段はいくらかかるか?」「カーテンや照明器具はこの家ならどの位の予算で考えておけばいいか?」など。
打ち合わせが完了した事柄は、チェックを入れて「済」マークを付けると分かり易いです。

家が完成するまでは、この日記が重要な役割を果たすと思います。恐らくボロボロになる事でしょう。

本契約から家が完成するまでの8ヵ月間は、こちらでも詳しくご説明しております。
「設計打ち合わせ、追加契約、地鎮祭」  「着工、上棟、外工、内装工事、引き渡し」

 

Copyright(c)2008 yellow basket All Rights Reserved