注文住宅の家造り「私の体験談」 住んでみて失敗したと思うこと



HOME 注文住宅の家造り 「私の体験談」 住んでみて失敗したと思うこと
生活雑貨 手作り雑貨 わんこのお店 注文住宅の家造り

注文住宅の家造り menu
  私の注文住宅の家造りのご案内
  家が完成するまで 
  下見や情報収集
  デザイン、プラン、見積もり、敷地調査
  設計打合わせ、追加契約、地鎮祭
  着工、上棟、外工、内装工事、引渡し
  何から始めたらいいの? 
  マイホームのイメージ作り
  イメージをスクラップブックにしよう
  家造り 豆知識 
  基本となる3つの工法
  どこで建てるかの選択肢
  照明とカーテンは建築費外
  家造り 私の体験談 
  家造り日記をつけよう 
  設計士担当(デザイナー)の大切さ
  収納リストを作ろう 
  予算リストを作ろう 
  備付けたい物は自分で探そう 
  着工後は出来る限り建築現場へ
  住んでみて失敗したと思うこと
  住んでみて良かったと思うこと

家造り 支援





家造り おすすめ本


家造り 私の体験談

住んでみて失敗したと思うこと

1年かけて家が完成して住み始めました。
やるべき事はちゃんと行ったし、自分的にはかなりパーフェクトに出来たという自信があったのですが・・・。それでも実際に生活をしてみると、いろいろな事に気づきました。
入居後は、いろいろと問題が発生します。その都度、建築会社へ連絡するよりメモを取ってまとめて報告して修正してもらうと良いでしょう。ただし、あまり遅くならないように、半月以内位にした方がいいです。

ここでは失敗談と言うべきか、住んでみた上で不具合に感じた事や、後悔した事、施工ミスなどをお話したいと思います。


<@ システムキッチンは機能を重視するべきだった>

ダイニングの雰囲気は私のイメージが設計担当者に巧く伝わっていたので、システムキッチンについては設計担当者にお任せしました。システムキッチンの幅が大きめ(267cm)という事で、なかなか既製品で合う物がない為、TOYOキッチンのショールーム展示品を少し安く購入する事になりました。
ショールームに確認しに行くように言われたのですが、遠いのと時間もなくて「天下のTOYOキッチンなら間違いないでしょう!」と思い込み、見に行きませんでした。

実際には見た目は確かにカッコイイのですが・・・、使い勝手が非常に悪い!
特に引出しの中はどうやって収納するの?という不便さ。縦の空間が多すぎて無駄が多いのです。

オプションの整頓器具は、これといった物が売っていなくて(あったとしても不便そうで高い)、後々自分で整頓する器具をいろいろ購入。無駄な出費となってしまいました。
ちゃんと展示品を見学に行かなかった私が悪かったのです。

デザインも大事だけれど、システムキッチンは毎日何度も使うものなので、機能も当然重視をするべきでした。
サンウェーブの「ぱたぱたくん」とか、機能がちゃんとしていますよね!


<A キッチンの換気扇排気口>

キッチンの換気扇は、自動的にTOYOキッチンの物が備付られていました。
(特に打合せはしませんでした)
デザインはすっごくカッコイイー!とても気に入りました。

困ったのは、排気口の場所です。南の中庭側へ取り付けてありました。
排気口のまん前は、物干し場なので、排気風が当たり匂いが着いてしまいます。
すぐに設計担当者に電話をしましたが、南の方向へしか取り付けが出来ないタイプとの事・・・。
仕方なく直接排気風が洗濯物に当たらないように加工してもらいました。

排気口の位置までは気が回りませんでした。事前に確認すべきでした。これは失敗だったと思います。


<B お風呂>

家の設計に当たりイメージ作りの基本となったのが、お風呂でした。
露天風呂のように、お風呂を開放的にして庭を眺められるようにしたかったのです。
イメージとしては、桧と石を使った和風露天風呂。ところが私の希望するプランですと、岐阜県飛騨のメーカーで、軸組み工法で作る会社の製品で、お風呂だけで300万以上費用がかかるとのこと。それは無理と判断し、無念でしたがやっとの思いで諦めました。

結局、日ポリというメーカーの一番大きいユニットバスに決めました。
(イナックスやTOTOなどの大手メーカーにも大きなユニットバスは有りましたが、大きな窓を取り付けられなかった。窓を極限まで広く取り露天風に近づけたかったのです)
配管面や、掃除、暖かさの点でもユニットバスは一番いいそうです。
1つ気に入らなかったのは、洗い場の床が冷たくて冬は足がすごく冷たい事です。
今はどこのメーカーも床が温かい素材や、床面をシャワーで温める物など開発されていて、とてもいいと思います。
お風呂については、「住んでみて良かったと思うこと」でもご紹介します。


<C 玄関>



玄関の上がり框(かまち)。ライトがもっと隠れるようにして欲しかったです。
しかし構造上、薄い大理石を土台が無い状態で出っ張りを多くとると危険という事で、浅くなってしまいました。とても残念ですが、仕方ありません・・・。

框(かまち)下に、玉砂利が敷いてあるのですが、これの正式名称を知らなかったばっかりに私の想像していた物と違う石が敷いてありました。
(しかも下の方の石はコンクリートで埋め込まれていて取れない状態)
私が希望していたのは、つやのある真っ黒の「那智石」、敷いてあったのは表面が白っぽいグレーの「那智石」。設計担当者に確かめてみたら「那智石ですね?」「はい」と私が承諾したそうです。
後で、ホームセンターで那智黒石を買って来て取り換えました。
キッチンもそうでしたが、出来るだけ現物確認をする事をお勧めします。


入居して初めて雨が降った時のことです。なんと玄関の中側が水びたししになっていたのです。とても驚きました!
玄関の外側は大きな木の引き戸です。開けて外を見ると、引き戸の前の部分に雨水が溜まって、内側に侵入して来ていたのです。
これは明らかに施工ミスです。傾斜が正確にとれていませんでした。
すぐにやり直してもらいました。プロの仕事でこんな事があるのか?と思ってしまいました。


<C 電気コンセントとガスコンセット>

「電気コンセントは多いに越した事はない!」と家を建てた人は口を揃えて言います。
それを踏まえた上で、多めに設置しました。ところが1部屋失敗してしまいました。
書斎は、パソコン部屋として活用する予定でしたので、机の上の高さに合わせてコンセントを設置。(LANや電話線なども) 11月に入居してすぐに冬の寒い季節がやって来て、石油ファンヒーターブを出した所コンセントが下の位置に無い事に気づきました。入居後すぐの事だったので、建築会社にお願いしたら無償で設置してもらえました。良かった〜!
(その後3ヵ月点検の時に他箇所のコンセントを増設を依頼したら無償は無理でした。)

ガスコンセットは使う予定の有無に関わらず、全部屋へ設置する事をお勧めします。

将来的に考えたら、いずれは全室ガスストーブにしてしまう方が良いと思いました。
最初は石油ファンヒーターがあるなら使って、ガスコンセットさえあればいつでもガスストーブに切り替えられると考え、ダイニング・リビング・寝室にガス栓を設置しました。
上記の様に書斎は当初から石油ファンヒーターを使用する予定でガスコンセットを付けませんでした。。
中途半端に灯油を購入しなければならなくて余らせてしまうし、昨今の値上げで不経済となっています。
ガスストーブの利点ですが、見た目より軽いので 1フロワーに 1台有れば簡単に使い回しが出来ます。何よりも灯油を入れる手間が省けます。排気も綺麗(イオン発生装置など付いてます)で、選べばデザインも良いものが有ります。

管理人も使用おすすめ



<D サッシ窓と引き戸>
←カッコ悪い大きな取っ手。
春や秋の気候のいい季節には、窓を開放して過ごします。
特に春一番の強い風の頃、強風で窓がバタンと閉まってしまいます。
その繰り返しで、窓の取っ手が網戸に当たり網戸が破れてしまいました。

外側にも同じ取っ手が付いていて、外壁に当たって傷だらけになりました。
(即、網戸は無償で新しい物に交換してもらいました)

最近の窓は種類も豊富で、私の家もいろいろなタイプが取り付けられています。
このような事になった窓は、ドア式で取っ手が非常に大きくてカッコ悪い物です。(自分で選べない)
網戸を交換しただけでは、また同じ事の繰り返しになるので、サッシメーカーに何度も来てもらって話し合い、網戸が破れないように窓の処置はして頂きましたが、クレームは効きませんでした。
他のユーザーからも同じ現象は出ているにも関わらず、代替え品や部品の改良開発をしないのはおかしいと、かなり文句を言いました。大手サッシメーカーなのに対応が悪過ぎてがっかりしました。

各部屋の扉は、ほとんど引き戸を使用しています。バリアフリーなので上から吊り下げるタイプです。
壁の上にレールが付くので、レールと扉だけが木の素材で浮き出してしまいます。
1ヶ所だけ、扉が壁の中に収まるようにしてもらいました。これが見た目も非常に良くて気に行っています。全部の引き戸をこのタイプにしてもらえば良かったと、ちょっと後悔しています。


<E 床暖房と庭造り>
床暖房は全部で4箇所の設置で、ダイニング、リビング、キッチン、お風呂の脱衣所です。
各部屋ごとにスイッチが分けてあり、タイマーも付いていて、夜帰った頃に部屋が暖まるので便利です。
しかし、実際に生活してみたら、キッチンはマットを敷くし、お風呂の脱衣所はも入る時だけなので、無くても良かった気がしました。(もったいなかったかな〜?)

ついでに床素材(フローリング)については、ブラックチェーリーにしました。見た目も材質も気に入っているのですが、水分をこぼした時にすぐに拭いておかないとシミになります。
現在犬を飼っていて、床におしっこがしてあるのに気づかなくて時間が経つとシミが取れません・・・。

中庭は設計担当と相談してみましたが、大きめの木を1本植えるだけで5万位かかり、全部になるとかなりの金額になるそうなので、後で自分の好きなようにやった方がいいと判断してお断りしました。
住み始めてしばらくして、ホームセンターで芝生や花を買って庭造りをしましたが、かなり大変でした。
作業もお金も時間も掛かります。好きな人にはいいかもしれませんが、庭造りに無知な私には向いてなかったかなぁ〜?と思いました。苦手な場合は業者さんにお任せした方がいいのかもしれません。

自分で庭造りをして1つ思ったのは、庭の土を掘り起こした時に中からいっぱいゴミが出てきたのです。
針金やコンクリートの固まりや大きな石、ビニールなど・・・。きっと、庭を埋め立てるのにどこかから適当な土を運んで来たのだろうと思います。これを綺麗にするのに一苦労でした。
せめて、庭が作れるような土を入れてもらっておけば良かったと後悔しました。

 

Copyright(c)2008 yellow basket All Rights Reserved