注文住宅の家造り「私の体験談」 収納リストを作ろう



HOME 注文住宅の家造り 「私の体験談」 収納リストを作ろう
生活雑貨 手作り雑貨 わんこのお店 注文住宅の家造り

注文住宅の家造り menu
  私の注文住宅の家造りのご案内
  家が完成するまで 
  下見や情報収集
  デザイン、プラン、見積もり、敷地調査
  設計打合わせ、追加契約、地鎮祭
  着工、上棟、外工、内装工事、引渡し
  何から始めたらいいの? 
  マイホームのイメージ作り
  イメージをスクラップブックにしよう
  家造り 豆知識 
  基本となる3つの工法
  どこで建てるかの選択肢
  照明とカーテンは建築費外
  家造り 私の体験談 
  家造り日記をつけよう 
  設計士担当(デザイナー)の大切さ
  収納リストを作ろう
  予算リストを作ろう 
  備付けたい物は自分で探そう 
  着工後は出来る限り建築現場へ
  住んでみて失敗したと思うこと
  住んでみて良かったと思うこと

センプレ

家造り 支援










家造り おすすめ本

\1,596
\2,400
\2,000
\2,499
\1,260
\998

家造り 私の体験談

収納リストを作ろう

<収納についての考え>

みなさんも考えは同じだと思いますが、一戸建てを建てるなら収納箇所は出来るだけ多い方がいいです。余った場所を利用するのではなく、最初から収納スペースとして間取りを考える事をお勧めします。
どうしても物はどんどん増えてしまいます。建てた時は収納スペースが余る位でもいいと思います。

収納を多くとり入れ、生活に必要な物をほとんど隠してしまう。たとえば、エアコン、玄関の下駄箱、キッチンの炊飯ジャーやポットなどや、洋服タンスなどの家具は出来るだけ置かず、インテリアイメージを崩さない様にしたいですね。

各建具メーカーなどからも色々な便利な壁収納などが有りますが、価格もソコソコ掛かりますし、部屋のデザイン面から考えると、これといった物は見つかりませんでした
そこで、納戸やウォーキングクローゼットのように収納を1つの部屋として設計するなど、出来る限りの工夫をし、自分の生活に合った機能やデザインを取り入れたいと思いました。

「生活感のない家」というイメージを持っているものの、現実には生活する為の家です。
室内には何も無く一見不便そうに見えますが、実は隠して在るだけで、何の障害も無く快適に生活出来る家。隠しても不便ならば意味がないですよね。

<収納リストについて>

何をどこに収納するかは設計の段階で必要項目です。今ある物と購入するものを全て書き出します。
それをどこに収納してゆけば、生活しやすくなるのかを考えてリストを作ります。
面倒な作業に思えますが、これをすることで後々とても楽ちんです。
設計の時にも役立ちましたが、引っ越しの時の荷造り作業がスムーズに出来た事が良かったです。

Excelを利用して、自分の解り易いように記入して行くと良いと思います。
ワークシートで振り分けて表にまとめて、思いついたらどんどん書き込む事が出来ますので便利です。

収納リストの振り分けと記入

A: Excelのワークシートに大まかな項目を振り分けます。
例:@1階 A2階 B捨てる物 C買う物
B: 振り分けた項目ごとに、収納場所別に何を収めるかを書き込みます。
例:@1階→「玄関納戸」・「ダイニング納戸」・「キッチン収納棚」・「脱衣所収納棚」など。
「玄関納戸」→靴・ストーブ・扇風機・灯油・掃除道具など。
C: 間取り平面図が出来上がってくると、細かい寸法なども決定して行きます。
何を何処へ収納するかを前もって考えておくと、その寸法も修正を加えながら打ち合わせを進める事が可能となります。
大きな物はサイズを記載しておくと便利です。
棚板のサイズや枚数などもメモをしておきます。(例:靴棚→4足X2列X8枚=64足。棚板8枚)

※たとえば1階は、こんな感じです。アイテムは出来るだけ細かく書いておくと良いと思います。
 1階 収納アイテム
 玄関納戸 ダイニング納戸 キッチン収納棚 システムキッチン 脱衣所収納棚

こたつ布団 電子レンジ 鍋類 タオル類
靴磨き道具 来客用布団 炊飯ジャー カトラリー ラグマット類
ストーブ ラグ 食器類一式 包丁・まな板 風呂用品買い置き
扇風機 食料品買い置き 料理本 調理器具 洗濯用品買い置き
灯油缶 消耗品買い置き お茶類 調味料 ランドリーボックス
・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
実際に私がExcelで作った「収納リスト」です。宜しければ参考までにご覧下さい。

私の家の収納スペースを少しご紹介致します。
ほとんどの棚板を可動式にした事で、自由な高さに動かせます。これは是非お勧め致します。
見えない部分なので、ついポンポンと放り込んでしまって、きれいに整理整頓されておらず、お恥ずかしいです。雑ではありますが、何が何処にあるのかすぐに分かり、出し入れし易いのが便利です。
  
玄関を入って右手に納戸を設けました。
左側は以前からあった収納タンスを置いて、細かい物を収納しています。
右側は、壁一面可動棚にしました。手前は靴収納。
奥はストーブ、扇風機、ガーデニング用品、ほうき&ちりとり、バーベキューセットなどを収納。
古紙、古雑誌を置いています。捨てる時に玄関からすぐに運べて楽です。
ダイニングの納戸です。
手前部分は、カーテンを付けて普段扉を開けた時に見えないようにしています。
来客用の布団、こたつ布団、ラグなどを収納。
一番下の段は、収納ボックスにペット用品を入れています。
奥の造り付け棚は、食品収納庫。
その他、消耗品(ティッシュ、トイレットペーパー、電池、電球)の買い置きや、良く使う文房具(カッター、接着剤、はさみ)を入れています。
分別ごみ箱、脚立、掃除機、クイックルワイパー、エプロンなども
一番このアイディアが気に入っています。
見た目がすっきりで、使い勝手が非常にいいー!
40Lのごみ箱が2個収納出来る大きさです。
右側が冷蔵庫、左側が食器収納、手前はシステムキッチンです。
買い物をした物を台の上に置いて冷蔵庫にサッサと収納出来ます。
キッチンの作業中は一番頻繁にゴミが出ますが、クルッと振り向いてすぐに捨てられて便利です。
作業台の上は、レンジから出したお皿や、よそったご飯や、コーヒーなどを置くのに丁度いいです。

キッチン収納棚。
天井から床までの、大容量の壁収納にしました。扉は3枚でスライド式です。
全部の扉が自由に動くように造って、扉に閊えて物が出せない事を回避出来ました。
棚板は可動式で、好きな位置に設置出来ます。入れる物の大きさや用途により自由自在です。
電子レンジ、炊飯ジャー、ポットも収納。電気コンセントも中に設置しました。
炊飯ジャーの棚板だけスライド式で手前に動くようにしました。湯気が出ますからねー。
使いたい物が振り向いただけで、出し入れ出来て重宝しています。
2階ウォーキングクローゼット。
左側は、全ての服を収納して衣替えをしなくても済むようにしました。(タンスや家具は置かない)
1番下の段はよく使うバッグを収納
右側は、上段に布団類。
中段は可動式スライドの棚板を2枚にして、カゴで分類し、下着やハンカチなど細かいものを入れています。下段は収納ボックスに布団カバー類。
2階ウォーキングクローゼット天井にロフト収納。
(棒で引掛けてくるっと回すと開きます。)

ロフトのように、天井高が1.4m以下の場合床面積に入りません。
折り畳み階段が出てきます。
パソコンなどの空き箱、古本、スーツケース、2階用のストーブと扇風機などを収納。
普段ほとんど使わない物を置いています。
ちなみに写真上部の棒は、ぶら下って背筋を伸ばす為に取り付けました。
雨の日に洗濯物も掛けられる・・・。
お風呂の脱衣所&作業スペースです。

左側は天井から床まで両開き扉で、可動式棚。
お風呂用→バスタオル、タオル、バスマット、お風呂掃除用品、シャンプー、石鹸など。
洗濯用品→ランドリーボックス、洗濯物干し道具、洗濯洗剤、柔軟剤などを収納。

右側は、作業台の上下に収納棚。
ミシン、アイロン道具、裁縫道具、トイレットペーパー、生理用品など。(隣がトイレなので)

 

Copyright(c)2008 yellow basket All Rights Reserved