注文住宅の家造り「私の体験談」 予算リストを作ろう



HOME 注文住宅の家造り 「私の体験談」 予算リストを作ろう
生活雑貨 手作り雑貨 わんこのお店 注文住宅の家造り

注文住宅の家造り menu
  私の注文住宅の家造りのご案内
  家が完成するまで 
  下見や情報収集
  デザイン、プラン、見積もり、敷地調査
  設計打合わせ、追加契約、地鎮祭
  着工、上棟、外工、内装工事、引渡し
  何から始めたらいいの? 
  マイホームのイメージ作り
  イメージをスクラップブックにしよう
  家造り 豆知識 
  基本となる3つの工法
  どこで建てるかの選択肢
  照明とカーテンは建築費外
  家造り 私の体験談 
  家造り日記をつけよう 
  設計士担当(デザイナー)の大切さ
  収納リストを作ろう
  予算リストを作ろう
  備付けたい物は自分で探そう 
  着工後は出来る限り建築現場へ
  住んでみて失敗したと思うこと
  住んでみて良かったと思うこと

家造り おすすめ本

\1,365
\1,575
\1,365
\1,890


家造り 私の体験談

予算出納リストを作ろう

お金のことは非常に大事ですよね。こうゆう時は金額のケタが大き過ぎて、金銭感覚がおかしくなってきます。設計や内装の打合せなどしていると、どんどん予算オーバーしていきます。
床暖房、エアコン、お風呂、システムキッチンなど値段の張る物。
ローンを組むのに必要な諸経費。電化製品や家具の購入。エクステリアなどなど。
常に予算リストをチェックしながら打合せを進めていかないと莫大な金額になってしまいます。

Excelを利用して、自分の解り易いように記入して行くと良いと思います。
予算に対して、その時点での実際の金額が一目でわかるので、予算が余った部分をオーバーしている所へ回して調整したり、ローン金額の増額が必要など、細目にチェックをすると進行する過程でとても役立ちます。せっかくExcelを利用するので金額の差額は、自動計算されるように設定して下さいね。
自分の「想像・思いつき」で、ひょっとして、予算が余分に掛かるのではないかと、考えた金額も書き込んでおくと良いでしょう。後々「やはり必要か・・・」となるよりメンタルな部分で随分楽になります。

<予算出納リストの書き出し>

A: 家を建てるに当たり、予算金額といっても何にいくら掛かるものなのか?漠然とは解らないものです。建築会社で契約書が出来上がると、建築に掛かる具体的な金額が解ります。
これで建築予定費が解ります。
そこから打合せを進めて行く時に、建築予定費以外にこの家にどの位費用がかかりそうなのか?
建築会社の担当者に「おおよその目安として教えて下さい」と積極的に質問してみるといいです。
エアコン、カーテン、照明器具、引き込み工事の金額は、建築会社担当者は大体見当が付くと思います。ローンの借入手数料などの金額は、どこで借りるか決まり次第、聞いておきましょう。

B:

Excelの表1ページに「予算金額」と「実質金額」を左右に振り分けます。
それぞれの詳細項目は大きく分けると4項目になりました。(私の場合です)
@建設費用 Aローンを組む為の諸経費 B電化製品購入 C家具購入
※ローンを組む場合、借り入れた金融機関で必ず火災保険に加入が義務づけられます。
「予算金額」と「実質金額」を照らし合わせる事で、何がどれだけの金額予算オーバーしているのか?まだ金額のゆとりがあるのか?が解り易くなります。

C:

ワークシートのヘッダーに作った日付を記入します。最初に作ったページはそのまま残します。
建築会社との打ち合わせで金額の変更があったり、欲しい家具の値段が分かった時などには、新しいワークシートに日付を記入して最初のページをコピー&ペーストし、「実質金額」に修正金額や購入金額を記入します。家が完成するまでこの作業を行います。(上書き保存はしない)
後で振り返って確認する事も出来ますのでデーターとして残す事が良いと思います。

D:

建築費に含まれない費用があります。別途で予算を考えましょう。
@水道、ガス、電気の引き込み料 Aエアコン B照明 Cカーテン

E:

止むを得ず、予算を超えてしまう場合は「予算増額」項目を作成し別途で記入するといいでしょう。
途中、支払済みの金額や、建築会社への支払残金も別途で覚え書きすると便利です。

※たとえば、こんな感じです。(金額は適当に入れてあります)
 予算出納リスト
 予算金額 差額
実質金額
項目 金額 差額金額 金額 項目
ローン ○○銀行 \13,000,000 -\200,000 \25,200,000 建築会社
建築費提示金額
 自己建築費 \5,000,000
 贈与(親援助金) \5,000,000
 エアコン \400,000 \0 \400,000 エアコン
 照明 \350,000 -\70,000 \420,000 照明
 カーテン \350,000 +\30,000 \320,000 カーテン
 引込み工事 \500,000 -\100,000 \600,000 引込み工事
合計 \24,600,000 -\2,340,000 \26,940,000 合計

電化製品 \400,000 +\50,000 \100,000 冷蔵庫
断念 テレビ
\250,000 マッサージチェア
\350,000 合計

家具一式 \600,000 -\30,000 \200,000 TVボード
\200,000 ベッド
\150,000 ソファー
\80,000 ダイニングセット
\630,000 合計

銀行 借入手数料 \200,000 -\30,000 \230,000 銀行 借入手数料
銀行 火災保険 \400,000 -\100,000 \500,000 銀行 火災保険
引越料 \100,000 +\10,000 \90,000 引越料
アパート立退き料 \100,000 -\20,000 \120,000 アパート立退き料
合計 \800,000 -\140,000 \940,000 合計

予算総合計 \28,400,000 -\2,460,000 \28,860,000 実質総合計


予算増額 自己資金 \500,000
銀行借入 \2,000,000 総差額 +\40,000

 

Copyright(c)2008 yellow basket All Rights Reserved